石油製品販売業経営実態調査事業

 


◎事業の概要
 昭和50年より、毎年全国の石油製品販売業者を無作為に抽出し、「仕入」、「販売」、「財務状況」及び「経営多角化に対する意識」等を中心に、アンケート調査しています。
 本調査により経営実態を定量的、定性的に把握し、これを「石油製品販売業経営実態調査報告書」として取りまとめて提示することで、石油製品販売業者の経営基盤の強化や、経営多角化等に資することを目的とした事業です。
 報告書は行政支援を要請する際の検討材料になっているばかりではなく、業界の実情を消費者に説明する資料にもなっております。
 

●平成29年度石油製品販売業経営実態調査票  
●記入上の留意事項について  

 
←トップへ戻る