経営上の課題

 今後の給油所経営の方針については、「継続する」が最多の71.5%で、そのほか「廃業を考えている」(13.0%)、「規模縮小」(3.6%)、「未定」(11.7%)でした。
 廃業の理由(2つまで回答)については「燃料油販売量減少」が最多で36.8%、「粗利益減少」が32.7%で前回と同じ順位、前年4位の「後継者の不在」が3位で31.2%、前年3位の「施設の老朽化」が4位で30.5%という結果となりました。
|


     


Copyright (C) 2017 NPDA All Rights Reserved.