品質管理事業のご案内をします。

品質管理事業の概要
本会は、品質管理事業として分析受託事業、試買分析事業及び研究・研修・精密分析事業を実施し、適正な品質の石油製品が流通するようサポートしています。
 
1.分析受託事業
(法律の概要)
平成8年4月、「揮発油等の品質の確保等に関する法律」(品質確保法)が施行されました。
品質確保法は、国民生活との関連が高い揮発油、軽油、灯油について、適正な品質のものを安定的に供給するため環境面、安全面等から品質規格を定め、販売業者等がこれらの規格に適合しないものを消費者に販売することを禁止し、あわせて規格に適合することを自ら確認(自己分析義務=給油所では揮発油のみ)しなければならないなどとする消費者の利益の保護を目的とした法律です。
品質規格には、必ず適合していなければならない強制規格として、揮発油10項目、軽油9項目、灯油3項目があります。またこの他に標準規格が定められています。
(登録分析機関)
販売業者等の自己分析義務については、その負担を軽減するため品質確保法に基づく登録分析機関に分析を委託することができます。
本会は、平成16年3月の品質確保法の改正に伴い、同法に基づく経済産業大臣の指定分析機関から登録分析機関に移行しています。
これにより、本会は販売業者等からの分析委託を受けて「分析受託事業」を実施しています。
 
2.試買分析事業
本会は、品質確保法での粗悪品の販売禁止をサポートするため、全国の給油所から揮発油、軽油、灯油を無作為に試買し、品質確保法に定める品質基準に適合しているか否かの分析を行っています。
 
3.研究・研修・精密分析事業
本会は、石油製品の品質確保に関する技術的基盤整備のために、品質試験室を設置し、各種の研究開発、研修教育及び精密分析を行っています。品質試験室はISO17025に基づく試験所として石油試験の認定を受けています。

|

戻る
Copyright (C) 1999 NPA All Rights Reserved.