「さ」行

サインポール

給油所にそびえ立つ元売マークが描いてある看板のことをさします。


仕切価格

元売が特約店に販売する時の価格をいいます。


税金

石油諸税の他段階課税と税収および使途は、
(1) 原油関税・KL当たり215円(97年4月から)で石炭、石油対策
(2) 石油税・KL当たり2040円で石油および石油代替エネルギー対策
(3) ガソリン税・KL当たり53800円で道路整備
(4) 軽油引取税(地方税)・KL当たり32100円で道路整備
(5) 石油ガス税・KL当たり9800円で道路整備
(6) 航空機燃料税・KL当たり26000円で空港などの整備
にそれぞれ使用されています。


セールスルーム

給油所において物品などを販売している建物、部屋のことです。ゲストルームともいいます。


石油先物市場

スポット価格の先行指標となる数カ月先の取引を行う市場。現在ニューヨークにはWTI、ロンドンにブレント、シンガポールにはドバイという原油が上場されており、中でもWTI原油は取引量も大きく、この動きが世界の原油価格の水準を決める上で大きな影響力を持つようになっています。わが国でも今年7月に東京工学品取引所でガソリンと灯油の先物市場が開設されました。


全石連

全石商(「全国石油商業組合連合会」の略称)と全石協(「全国石油業共済協同組合連合会」の略称)を総称して「全石連」または「全石」ともいいます。
「全石商」「全石協」ともに石油販売業者の団体ですが、「全石商」は会員の経営の安定および合理化を図る目的で、中小企業団体の組織に関する法律を根拠に1963年5月に設立され、「全石協」は会員の相互扶助精神に基づき共同事業を行うことにより会員の事業を振興する目的で、中小企業などの協同組合法を根拠に1953年5月に設立されました。


全国石油協会

1953年5月に社団法人としてスタートしました。信用保証、利子補給、リース助成事業、品質保全事業など公益事業活動を行っています。96年4月施行の品質確保法に対応して、全国9ケ所に品質試験センターを設置し品質保全をしています。